認知症フェス 2019

11月16日に福祉会館で開催された認知症フェス 2019に参加しました。

受付でスタンプカードをもらい、物忘れチェックや健康体操、在宅医療と介護、福祉用具などのコーナーを巡りました。

在宅医療介護連携推進協議会より在宅介護についてわかりやすい説明があり、大勢の人が熱心に聞いていました。

「在宅医療・介護〜つながるカフェ」ではお茶やお菓子が用意され、気軽にケアマネや介護関係職員と相談や悩みを話したり、介護者同士で話ができるケアラーズカフェを開いていました。介護者同士が気軽に話せる場としてケアラーズカフェは私も一般質問で取り上げ提案をしてきました。このコーナーではテーブルに着くと介護職員の方等が話しかけてくれ、和やかな雰囲気の中で自分の体調のことや介護のこと、悩んでいることが話せるようになっていました。今後もこのようなケアラーズカフェを市内に設置していくよう市に働きかけていきます。

福祉用具コーナーではお風呂で使う椅子や簡易型車椅子などが試せたり他にも介護落語あり、体操ありで小平市の取り組みが集められた認知症フェスは楽しみながら介護について知ることができる機会でした。