新しい年を迎えて

2019年1月1日 00時18分 | カテゴリー: 市民自治・参加・情報公開, 活動報告, 議会・議会改革

あけましておめでとうございます。

 新しい年を迎え、みなさまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
昨年はたくさんの出会いがありました。交友関係も広がり、有意義な一年でした。
この出会いに感謝しつつ新しい年も地に足をつけて頑張っていこうと思っています。

国会に目を向けますと、2018年は働き方改革法やカジノ法、入管法改正などが強行採決され、辺野古の海では土砂が投入され民意はないがしろにされています。政治への不信感は募り、ニュースや新聞も目を背けたくなる思いでした。
民主主義は多数決で決めることではないはず。意見が違ったとしても議論を重ね合意点を丁寧に見出していくことが民主主義の原点だと私は考えています。
国政を憂う前にまずは身近な市政から民主主義の精神を尊び向き合っていきます。

小平・生活者ネットワークは「2019政策」を作りましたが、この政策を作るにあたり心がけたのは、行政任せにせず市民がそのプロセスに関わり、暮らしやすいまちを、豊かな未来を自分たちの手で作っていくという思いを入れることです。また、誰もが幸せになれるようにということを第一に考えています。

私はこの政策が実現できるようしっかりと取り組んでいきます。
今年もよろしくお願いします。